通信制高校とセメスター制度

通常の学校だとどうしても特別な事情が無い限り学年制を採用している為、入学時期は必然的に4月になりがちです。しかし通信制高校の多くは単位制(セメスター制)を採用している為、4月入学の他に9月入学という選択肢があります。また編入や転入なら基本的に何時でも通信制高校は可能です。


通信制高校のセメスター制

この単位制の中でもセメスター制と呼ばれる制度は単位の所得に必要な時期を半年としている制度です。一年を二分割にする為しばしば二学期制とも呼ばれる事がありますが厳密にはそれは正確ではありません。ただ半年かけて学ぶ単位を選択する時期があり、それが一般的な入学時期である4月ともう一つ、9月頃に設定されている事が多い事からそのように呼ばれます。


単位制と入学時期

学年制の場合一年間かけて生徒が勉強した各科目の成績を可とするか否とするか学校側が話し合い、一つでも問題のある教科があれば学年ごと再履修、つまり留年になる事がしばしばあります。しかしこのセメスターは言ってしまえば半年で決着が付くため、9月にはもう新しい科目を学び始めている事になります。その為9月入学だからといって勉強が中途半端な所からはじまる事はなく、当然単位を落としても半年分しか語弊はあるでしょうが無駄はありません。