月別アーカイブ: 2014年8月

通信制高校のフォローには

通信制高校を選んだ生徒には、経済的な理由や仕事、また身体に障害を持っているということで、選んだ人も数多くいます。このような理由であれば情熱を失わず、卒業に向けて邁進できることでしょう。公立の通信制高校でも充分卒業は目指せます。しかし通信制高校を選んだ人の理由は、そういう事だけではありません。不登校や学業不振などの悩み抱えた、若い世代も多くなっているのです。学習だけではなく、心の悩みも解決しなければ、前に進むことはできません。通信制高校の卒業率5割以下というのが、現実です。


<フリースクールとサポート校の違い>

フリースクールは不登校やいじめの経験によって悩みを抱えてしまった生徒が、居場所や社会への期待や信頼を取り戻してゆくことを目指している学校です。学習塾のような扱いになりますので、学習指導要件にとらわれていない自由なカリキュラムで授業を進めます。心が傷ついてしまった生徒にはフリースクールは意義あるものですが、通信制高校を卒業するということに関して言えば、フリースクールの勉強では学習面おフォローにはならないかもしれません。通信制で卒業を目指すためのフォローであれば、サポート校がおすすめです。