おすすめ投稿

通信制高校への編入や転入

全日制高校や定時制高校のカリキュラムは、通学することが前提になっています。そのため卒業には出席日数が必要となりますが、それはデメリットではありません。集団生活を学ぶことが、学習者には必要であるという概念によるものです。学習する上で、仲間の存在に助けられるということもあります。しかし集団生活が馴染めない学習者にとっては、このシステムが苦痛となることもあります。通信制高校の「通学を前提としないシステム」は、集団生活に馴染めない学習者の受け皿としても、たいへん大きな意味を持っています。


<通信制高校への編入>

中退や通学に空白期間があいてしまった場合に他校へ移るのは編入となりますので、入学試験の時期に試験にチャレンジします。それが通信制高校であれば、年に2回の入学時期があります。最長でも半年待てば入学試験を受けて編入することも可能です。取得済みの単位は、編入後も生かされます。


<通信制高校への転入>

現時点で全日制もしくは定時制などの高校に在籍し、通信制に移るという場合には、転入です。このケースであれば、入学試験の時期を待つ必要はありません。全日制でも転校があるように、いつでも通信制に転入を希望しても受け入れられます。
いま通っている高校に馴染めない、問題を抱えて通いたくないといったことが起きてしまえば、通信制の高校は、しっかりとした受け皿になります。当然編入と同じく、取得済みの単位は、新たに入学した通信制高校でも生かされます。

おすすめ投稿

通信制高校に入学するには?

今では通信制高校に通われている方もいらっしゃるかと思いますが、これから通おうかなと思っている方はどのようにして通信制高校へ入学するのかあまり詳しくないのではないでしょうか?
一般的には4月に入学することになってますが10月に入学することも可能となっていますので、どちらかで申請を行なえば入学することが出来ます。
前期と後期に分かれていますので、どちらかご都合の良い方で構わないかと思います。
後は転入と編入の二つがありますが、こちらは全日制から移動してきた方や高校を中退した方です。


通信制高校でクラブ活動を楽しもう!

最近の通信制高校ではクラブ活動を設けているところがありますので、是非そちらを活用してみましょう。
色々なクラブがあるかと思いますのでご自分が一番興味を持たれたクラブに参加するのが良いかと思いますが、無理をしない程度でするのが良いですね。
また、そういった場を活用して交流を深めるのも良いかと思いますよ!
もっといろいろな方と交流を深めて、毎日を充実させてみましょう!


卒業するにはどうすればいいの?

通信制高校を卒業するには、条件がありますので注意していただければと思います。
まずは3年以上高校に在籍すること、そして74単位以上習得している事、最後に勉強以外の特別活動に参加することも必要になるみたいです。
きちんと3年間通い続けて課題などをこなして単位を修得するのが卒業への近道になるんですね!
せっかくですから、ご自分の成長につなげながら毎日を過ごしてみませんか?

通信制高校のダブルスクーリング

通信制高校は、学年制にとらわれないことから、単位数の取得に関しても自由に計画を立てることができます。
余暇を作ることもできますので、他の学校に通うということも出来るのです。
通信制高校と他の学校に同時に通うことを、ダブルスクーリングといいます。
サポート校やフリースクールに通うこともある意味ダブルスクーリングではありますが、その場合にはこの言い回しをあまり使用しません。


<ダブルスクーリングの優位点>

ダブルスクーリングという時には、通信制高校と他の技能系の専門学校などに通うといったものを指す場合が多く見られます。
例えば通信制高校に通いながら、2年制の美容師・理容師専門学校に通ったとします。
これはダブルスクーリングです。
これによって通信制の高校を卒業すると同時に、美容師・理容師の国家試験を受験資格を得ることとなります。
通常は高校を卒業した後専門学校に進みますので、通信制を利用することで最短の方法を選択することができるのです。
通信制高校が積極的に「美容師・理容師免許取得コース」といったものを設けているケースもあります。
美容師や理容師に限らず、このように合理的な方法を選択できる物はたくさんありますので、目標や夢、希望がはっきりしている場合には、活用するとよいでしょう。

通信制高校は何歳から通えますか?

通信制高校は何歳から通う事が出来るのでしょうか?
中学校を卒業されていて、卒業者と同等の学力を持っていると認められた方でしたら、どなたでも通う事が出来ます。
年齢は15歳からだとされていますので、気を付けるようにして下さい。
入学する際に試験を行う場所もありますが、最近では面接の方を重視しているみたいですので、学力が無いから・・・と諦めるのはすごく勿体ない事だと思います。


通信制高校にはどんな人が通えるの?

上記で条件を満たしている方でしたらどなたでも通信制高校に通う事が出来ますと言いました。
しかし、すでに高校を卒業されている方は通う事が出来ませんので、注意して下さいね。
これは規則で決められている事ですので、仕方ないかと思います。
高校を何かの事情で退学してしまった方や卒業認定を取得するために通われている方もいますので、通う理由は人それぞれで良いかと思います。


3年で卒業が出来なかったら?

もしも、3年で卒業することが出来なかったらどうすれば良いのか・・・と不安に感じている方もいらっしゃるかと思います。
全日制でしたら留年をして単位を取り直すことが必要になりますが、通信制高校には留年が存在しませんので再び単位を取り直すかたちになるみたいですよ。
その学校によって変わってきますが、不安な方は上限の在籍数があるところを選ばれることをお勧めします。

通信制高校の選考

通信制高校は中学さえ卒業していれば基本的に幅広い年齢の方が通えると言います。また全日制高校を何らかの理由により辞めてきた方や不登校の方なども自分のペースで通う事が出来る等通信制高校の門は広く開かれています。そんな通信制高校ですが一部の学校には実は全日制高校のように「選考」や「入試」があるのはご存知でしたか?


通信制高校とブランド

ある通信制高校では入学あるいは転入に学力検査が伴い、その結果によっては入学できない学校もあると言います。このような学校は基本的に私立が殆どで、高い学力や卒業後の就職進学率に強いブランドのある学校となっています。自分が学力検査を突破してでもその学校に通いたいというのであればもちろん勉強が必要ですし、とりあえず通信制に通いたいというのであれば誰でも入学できるような通信制を選んだほうが無難でしょう。


何故か選考に落ちてしまう

また学力テストではなく面接や面談で選考に落ちてしまったという話も稀ですが聞かれます。原因はそれこそ人それぞれではあるのですが、その中でもよく聞かれるのは内申によるものだと言います。通信制の中には不登校の子やいじめにあった子を率先して受け入れている学校もあるのですが、そういった学校は過去に誰かをいじめた経験のある子や素行の悪い子の入学を受け入れられない場合があると言います。

通信制高校にクラブ活動はあるの?

現在、通信制高校に通われている方もいらっしゃるかと思いますが、全日制の高校と同じでクラブ活動などがあるのかどうか気になりますよね?
通信制高校にもクラブ活動はあります、もちろん、無いところもありますが最近では増えてきているみたいですよ!
ですので、興味のある方はぜひ一度調べてみて下さればと思います。
どのようなクラブがあるのかについては詳しく存じ上げてはいないので、調べてみていただければと思います!


通信制高校にも行事がある!

通信制高校にも全日制と同じで入学式や体育祭、文化祭や卒業式があるんです。
何だか不思議な感覚かもしれませんが、この行事も単位修得に関係しているところがありますので参加するようにしていただければと思います。
普段なかなかあわない方々と協力することで、何か少しだけ成長できそうな気がしますね。
豊かな学生生活を送れるように独自のイベントを開催している通信制高校も珍しくないみたいですよ!


自宅学習が基本!

通信制高校は自宅学習が基本になりますので自己管理をしっかりするようにしましょう。
だらだらと毎日を過ごすのはもったいないので、一日のスケジュールを立てるのが良いかと思います。
当日になって立てるのではなく前日の夜などに考えておくと、毎日が充実して非常に良いかと思いますが、皆さんはどう思いますでしょうか?
また、スクーリングなどもただ課題を提出するのではなくて分からなかった問題を一緒に解いたりなど自分の成長につながることを見つけて行動してみてはどうでしょうか?

全日制高校から通信制高校への編入

通常の全日制高校と通信制高校では採用されている制度がそれぞれ学年制、単位制と異なります。学年制は学年ごとに履修する科目が決まっており、全ての生徒が基本的には同じカリキュラムを年間通して受講します。そして年度末にテストや学業の成績などから合否を判断し、カリキュラムのうち一つでも不可がある場合その学年ごとやり直しになります。一方単位制は自分がどのような授業をどの程度の量受講するのか半年に一回自由に決める事ができ、自分のペースで学ぶ事が可能な他もし一教科落としてしまっても再履修は落としてしまったその科目のみで済みます。


全日制から通信制高校に転校する場合

前述のような制度の違いがある為全日制から通信制高校への転校はやや複雑です。しかし大抵の場合学年制で学んだ教科に該当する単位が取得したものとして見なされます。また通信制高校の卒業には最低3年以上の在学と74単位の所得が条件とされていますが、単位だけでなく卒業までに必要な年数も全日制高校の在学期間が考慮されます。


通信制からの転校は難しい

逆に自由な履修が可能な単位制を採用している通信制高校から履修する内容が学年ごとにしっかり決まっている全日制高校への転校は難しく現実的でないとも言われています。一部の通信制は全日制と併設しており併設校に限り転校を認めるケース等もあるようなので、もし全日制に戻りたくなるかもしれない、と思うのであればそういった通信制高校を転校先に選んでおくと良いかもしれません。

通信制高校とセメスター制度

通常の学校だとどうしても特別な事情が無い限り学年制を採用している為、入学時期は必然的に4月になりがちです。しかし通信制高校の多くは単位制(セメスター制)を採用している為、4月入学の他に9月入学という選択肢があります。また編入や転入なら基本的に何時でも通信制高校は可能です。


通信制高校のセメスター制

この単位制の中でもセメスター制と呼ばれる制度は単位の所得に必要な時期を半年としている制度です。一年を二分割にする為しばしば二学期制とも呼ばれる事がありますが厳密にはそれは正確ではありません。ただ半年かけて学ぶ単位を選択する時期があり、それが一般的な入学時期である4月ともう一つ、9月頃に設定されている事が多い事からそのように呼ばれます。


単位制と入学時期

学年制の場合一年間かけて生徒が勉強した各科目の成績を可とするか否とするか学校側が話し合い、一つでも問題のある教科があれば学年ごと再履修、つまり留年になる事がしばしばあります。しかしこのセメスターは言ってしまえば半年で決着が付くため、9月にはもう新しい科目を学び始めている事になります。その為9月入学だからといって勉強が中途半端な所からはじまる事はなく、当然単位を落としても半年分しか語弊はあるでしょうが無駄はありません。